高く手を振る日/黒井千次

 

近年の黒井千次の名作、「高く手を振る日」です。

 

内容(「BOOK」データベースより)

妻を看取って十余年、人生の行き止まりを意識し始めた嶺村浩平は、古いトランクからかつての大学のゼミ仲間・瀬戸重子の若々しい写真を見つける。そして甦る、重子と一度きりの接吻を交わした遠い思い出。思わぬ縁で再会した重子の勧めで、七十代にして初めて携帯電話を持った浩平は、秘めた想いをメールに込めるが…。恋に揺れる、老いの日々の戸惑いと華やぎを描く傑作小説。

 

前半に繰り返し出てくる、「行き止まり」の感覚、もちろん老いの先にある「死」です。

時に遠く、時に切迫した感覚として主人公にまといます。

ちょっと難しいかもしれませんが、この行き止まりの描写がすごい!

 

土鍋の中で粥でも煮るように様々の思いがぶつかり合い、曖昧に形を崩しながら次第にまとまっていく気配

 

黒井千次には、はっとさせる描写がいつもあります。

他にもメールのやり取りのくだりは名文の宝庫!

こちらは自身でご確認を。

 

 

ネタバレなしでいきますが、甘酸っぱく、切ない後半について少し。

 

老いてからの恋愛、

確かにそうなのですが、

最後に流れる古い時間。

詳しくは書けませんが、最重要なのは「家」です。

 

浩平が作ったモルタルの家、

灰色がかって濁った壁面、

小さな庭に所狭しと植えられた木。

何でもない、

おそらくおじいさんの家と聞いて僕らが思い浮かべるような家。

 

「あのおうちに住んでたのね」

重子の発する一言は、浩平、芳枝に対する、はたまた重子自身、彼らの世代全部に対する全肯定。

 

小説には書かれていない、たくさんのことが詰まった家。

人生と人生が、最後にまたクロスする。

 

何が起こったのか、そしてもう何が起こらないのか、承知しているようでまだ認める気にはなれない平原のような領域

 

老いについて書かれていますが、まだ達観しているわけではありません。

 

そして、この切ないかつ活き活きと感情豊かな老後。

今までの老人像を覆す、新しい老人像です。

でもこれは黒井千次の時代の老人。

これからの老いはまた違った形をたどるでしょう。

 

新しい時代を生きる私たちだからこそ、また違った老いが待ち受けているはずです。

その老いを私たちはしっかり生きられるかどうか、

毎日を誠実に生きて、

新しい生き方を模索するように、新しい老い方をも探っていかなければならないのでしょう。

 

老い老いと繰り返してしまいましたが、第一級の文学作品です。

老いを意識していなくとも(僕もそうでした)、引き込まれますのでご安心ください。

高校生以上、また保護者の方もどうぞ。