期末結果、そろいました。

一学期の期末結果、ほぼそろいました。

中間に比べて上がりにくい期末ですが、たくさんの生徒が点数や順位を上げてきました。

特に校内テストを初めて迎えるtoiro校の生徒や新規入会の生徒、実に9割が結果を出せました。

(※校内テストの過去問をやることは教育的ではありません。学び舎では校内テストの過去問は一切使いません!)

 

成績が上がるのは生徒はもちろん、私たちもうれしいです。

ですが、全員が上がったわけではありません。

通信でも書きましたが、成績には上がるタイミングがあります。

問題がうまく合わなかった生徒もいるでしょうし、基本を理解するのにもう少し時間がかかる生徒もいるでしょう。

大切なのは目標に向かって努力すること。

努力を続けていれば、どこかで必ず結果が出ます。

今回上がった人も、油断大敵。

次の目標に向け、またがんばりましょう。

 

各科10点以上、総合5位以上上がった生徒の結果です。

学年、学校名は伏せます。

 

toiro校結果。

総合順位 43位→34位(9位アップ) 93位→77位(16位アップ)

59位→50位(9位アップ) 24位→17位(7位アップ)

79位→26位(53位アップ) 31位→15位(16位アップ)

 

国語 56点→80点(24点アップ) 国語 49点→71点(21点アップ) 

国語 75点→87点(12点アップ) 英語 40点→81点(41点アップ)

英語 45点→85点(40点アップ) 国語 74点→88点(14点アップ)

数学 71点→91点(20点アップ) 英語 62点→81点(19点アップ)

社会 83点→96点(13点アップ)

 

 

大子本校

常陸大宮に比べると学校規模が小さいので、順位はあまり派手には動きません。

総合順位 34位→26位(8位アップ) 12位→6位(6位アップ) 

14位→11位(3位アップ) 5位→3位(トップ3入り) 

28位→23位(5位アップ)

載せていませんが、生瀬や西、南中では1位順位を上げるだけでも立派です!

 

社会 56点→76点(20点アップ) 英語 65点→78点(13点アップ)

社会 73点→87点(14点アップ) 理科 66点→80点(14点アップ)

国語 65点→91点(26点アップ) 社会 69点→79点(10点アップ)

国語 66点→77点(11点アップ) 社会 81点→92点(11点アップ)

社会 50点→73点(23点アップ) 社会 74点→93点(19点アップ)

社会 69点→86点(17点アップ) 国語 77点→90点(13点アップ)

社会 80点→98点(18点アップ) 英語 79点→97点(18点アップ)

国語 63点→75点(12点アップ) 社会 67点→88点(21点アップ)

英語 62点→86点(24点アップ) 国語 77点→89点(12点アップ)

理科 79点→91点(12点アップ) 社会 22点→43点(21点アップ)

数学 80点→95点(15点アップ) 社会 82点→98点(16点アップ)

社会 79点→89点(10点アップ) 英語 35点→45点(10点アップ)

 

数学は前回90オーバーがたくさんいたので10点アップはなかなか厳しかったかも。

範囲の広い期末で社会を伸ばしたのはすごいですね。

ほかにも理数の100点や90オーバーをキープなどたくさんありました。

 

大子校、toiro校ともに次は8月末の茨統テスト。

大子校小学生は育伸テストもあります。

よく範囲表を確認してしっかり準備して臨みましょう。

今年初の校内テスト、好発進です。

各中学校、一学期最初の校内テストの結果がほぼ出そろいました。

 

なかなかの好成績。

こちらが驚くような結果を出してきた生徒も。

 

 

一部をご紹介します。

個人を特定できないよう、順位、学年は伏せます。

 

英語56点→85点

年度末の入会、苦手な英語でしたが、徐々にやり方のコツをつかんでいるようです。

 

英語82点→96点 社会54点→80点 理科62点→81点 全体順位 一けた!

中1で入塾当初は20番台、じりじり伸ばして初の一けた達成です。

 

数学81点→99点 理科77点→93点 全体順位も4つ上げました。

伸び悩んでいた理数系がここにきて一気に結果が出せました。

 

英語68点→86点 数学80点→96点

勉強量も増えていた様子、やはり結果が出ましたね。

 

数学29点→81点 英語59点→70点

こちらも年度末の入会。範囲が違うとはいえ、数学伸びましたね。

 

数学36点→93点 理科は60点以上アップ!

全体順位は前回からなんと20番抜き、

2学期後半の入会から比べると26番、順位を上げてきました!

 

社会46点→77点 理科53点→78点 全体順位も3つアップで5位圏内へ!

3学期入会。社会、理科は暗記がはまってきたようです。

 

英語56点→81点 全体順位も過去最高。

入会時から13番アップ、一けたも見えてきています。

 

英語83点→98点 数学87点→100点 全体順位はベスト3入り。

年度末から、順位も7つ上げてきました。

 

大子町内の中学校(大子中以外)では順位一つの変動は事件のようなもの。

その中で、順位を一つ、二つ上げてきている生徒もたくさんいます。

高得点キープの結果、名前の載らない生徒ももちろんいます。

学年末から順位を下げている生徒もいます。

 

いずれにしても、まずはしっかりと今回の点数、順位を覚えておくこと。

漫然と次の期末テストへ臨むのではなく、

今回より5点アップ、10点アップといった具体的な点数目標を立てましょう。

 

期末テストもそろそろ2週前に入り、範囲表も出てくる頃です。

総体とも重なり、時間配分が難しい期末。

今すぐ準備ですよ。

 

※期末対策は日程が決まり次第、連絡いたします。

私立高校受験-水戸啓明、水戸葵陵、常磐大学、大成女子

独自問題型「水城、茨城高校」はこちらへ。

 

近年、水戸市内の私立高校の主流となっているのが、「県立模試型」試験です。

茨城県内は、やはり県立優勢。

県立を第一希望として、私立は滑り止めとして併願するのが一般的です。

 

ならば、

県立のそっくり問題を私立入試に使い、県立模擬試験の感覚で受験してもらおう!

というのがこの「県立模試型」の私立高校です。

 

県立模試型-水戸啓明、水戸葵陵、常磐大学、大成女子(3科マーク別日)、茨城キリスト、明秀日立

 

私立にしても受験者を増やすメリットがありますが、受験生にとってもメリットは多いです。

まず、

普段受験している茨統テストや学校の実力テストは、ほとんどが県立試験を模したもの。

つまり、

いつものテスト結果を本番でも出せる可能性が高いのです。

(前回お話したように、難易度の高い問題ではいつもの結果が出せない可能性があります)

 

もう一つ、

県立入試への勉強が加速するというメリットもあります。

11,12月のこの時期に県立の過去問を解く生徒はまだ少ないと思います。

しかし、私立の過去問を解くことで、結果的に年内中に、県立の過去問を解くのと同じような効果を出せるのです。

問題形式を知らないまま勉強するのと、知ったうえで勉強を進めるのには大きな違いがあります。

問題形式を知っていれば、普段の勉強でも、「ここはこんなふうに出そうだな」など、勉強を一歩突っ込んだ深いものにしてくれます。

この作業を年内に行えば、勉強の質は上がるはずです。

 

常磐に注意!

 

また、「県立模試型」の過去問ですが、

常磐大学の英語はリスニングのかわりに発音問題が出ます!

実際の音声重視が英語教育の流れですので、発音問題は今は減りつつあります。

今の中学生は発音問題は不得手、というかやったことがなく慣れていません。

 

リスニングの分(30点分)、発音問題で得点できますか?

常磐大学を受ける生徒は必ず過去問をやるべきです。

 

 

県立型高校の難易度

 

常磐大学以外の県立型入試の高校は、ぱらぱら過去問を見る限りはどこも同じ。

でも、実際に解いてみると違いがあります!

年によって違いがありますので一概には言えませんが、大まかには次のような印象。

 水戸葵陵>水戸啓明>大成女子 

 

入試は、「こういう生徒がほしい」という高校側の意思表示でもあります。

数学の応用や図形ができる生徒は、国公立入試にも対応できる可能性が高いです。

国語の微妙な選択肢の違いを理解できる生徒は、センター現代文にも対応できる可能性が高いです。

「県立模試型」が導入されて数年たちますが、やはり高校側でもどこかで独自性を打ち出してきているのです。

ですから、

受験する高校の過去問は、「県立模試型」であっても、必ずやるべきです。

 

私立高校受験‐茨城高校・水城高校

先日、中3の保護者面談でお話した内容です。

 

近年、水戸市内の私立高校もだいぶ様変わりしてきました。

少子化対策として、入試形式もほとんどが県立模試型の五教科にシフト。

受験生にとっては、特に対策をしなくても結果が出やすいので、受験しやすい形式です。

県立模試型‐ 水戸啓明、水戸葵陵、大成女子(3科別日程)、常磐大学(3科選択あり)、茨城キリスト、明秀日立

 

 

独自問題の水城と茨高

 

一方、独自路線を貫いているのが、表題の茨城高校と水城です。

偏差値的にもこの2校は滑り止めになりにくいところがありますので、注意が必要です。

 

二校は出題形式も独自路線、さらに問題の難易度が高めです。

ですから、普段の茨統テストで65の偏差値を取れているからと言って茨高は確実ではありませんし、水城では思ったような特待コースに合格できないこともあるのです。

 

茨城高校

 

○茨高は言わずと知れた県内私立の雄。

募集人員自体も、中高一貫の生徒が160名。

高校部での募集は80名の枠しかありません。

偏差値は茨統でおよそ65。

入試問題は地区一の難易度です。

茨高は偏差値60超の生徒しか受験しませんので、難易度も容赦なく上げられるのです。

ただ平均点ももちろん下がりますので、水戸一を目指す生徒であればそう構える必要はありませんが、それでもしっかり過去問を解いて臨まないと思ったような結果が出ないこともあります。

 

 

 

 

水城高校

 

○水城は、県内一のマンモス高。
偏差値45程度(Aコース)から70程度のZコースまで非常に幅があります(Bコースは現在スポーツ推薦用のクラス)。

他の私立も細かいコース分けがありますが、例えば入学後は特待クラスを1~2クラスの編成にしてレベルの異なる特待の生徒が同居する状態になるところがほとんどです(特待と準特待が一緒のクラス、S1とS2が同じなど)。

しかし、水城はZクラスだけでも複数クラス。

同じくらいのレベルの生徒だけでクラスが編成できる強みがあります。

 

しかし、

その中で、およそ偏差値45(Aコース)から偏差値70程度(Zコース)の生徒までに幅広く対応した問題を作成しなければなりませんので、難易度の高い問題を含めざるを得ません。

Aコース志望の生徒が難問を解く必要はありませんが、多くの問題の中から基本問題を探して着実に得点していくというのは案外難しい作業です。

また、ここ数年は以前と比べて解きやすい問題が増えてきたと言われますが、それでも現在の中学生たちには解き慣れない難問と感じてしまうようです。

 

ですから、偏差値50未満の生徒、学び舎の生徒であれば育伸社のテストで大きく成績を下げてしまう生徒(育伸社テストが水城のテストに近いわけではありませんが、解きなれない形式の一歩踏み込んだ問題の多いテストという共通点があります)は、水城のみの受験は避けたほうがいいと思います。

水城+県立模試型の2本立てにするのが安心です。